CryoTel® MT

商業的に入手できる製品で最も効率的なクライオクーラー

MT クーラーは、CT クーラーのデザインをもとに、2003 年から製造されています。この製品は、CT クーラーの熱除去の必要がなく、利用にあたって小さなサイズと重量の軽減の必要があるお客さま向けに開発されました。MTは、高温超伝導 (HTS) フィルター、高高度気球、冷却、ゲルマニウム検出器、赤外検出器、電波望遠鏡、レーザーダイオード冷却、および研究などの実用例で利用されています。魅力的な価格と、故障までの平均時間が 200,000 時間を超える、CryoTel® MT は、市場最小の 5W @77K クーラーであることをお客さまにも認めていただけると思います。MT は現在、ジェネレーション 1 コントローラーを利用しています。

mt-nominal mt-carnot mt-draw

データシート

データシートをダウンロード (1.35mb pdf)

データは告知なしに変更されます。