CryoTel® CT

商業的に入手できる製品で最も効率的なクライオクーラー

CT クーラーは、Sunpower 社における10年のクライオクーラー開発の後、2001年に販売開始致しました。CT とは、CryoTel® のことで、最初の商用実用例は、テレコム業界においてでした。CT は、高温超伝導 (HTS) フィルター、高高度気球、冷却、ゲルマニウム検出器、赤外検出器、電波望遠鏡、衛星、国際宇宙ステーション、レーザーダイオード冷却、研究その他の実用の場で利用されています。CT クライオクーラーは、このサイズの製品群の中でも非常に競合力があります。魅力的な価格と、故障までの平均時間が200,000時間を超える CryoTel® CT は、市場最小の 11W @77K クーラーであることをお客さまにも認めていただけると思います。CT は現在、ジェネレーション 2 コントローラーを使用しています。

ct-nominal ct-carnot ct-draw

データシート

データシートをダウンロード (1.49mb pdf)

データは告知なしに変更されます。